アカモクのレシピ!ズボラな私にぴったり!とろ~りスープ

   

ハイ、今日も無事です、ありがとう。

ラスタイル・デザインのひとみさんがお贈りする新シリーズ(笑)

アカモクレシピ~!!

 

スーパー主婦を目指すSAYURIの日記帳の小百合さんがおいしそうなレシピをたくさん紹介してくれていたり、ブログマーケッターJUNICHIさんが、アカモクを使ってのお好み焼きを披露しているのに、めっちゃ釘付けになりました、私。

 

基本、私はズボラさんなので、なるべく切りたくない、なるべく洗い物は少なくしたい、なるべく手間はかけたくないという超がつくズボラぶり(;´∀`)

そこで考えた!!

さぁ、スタートしますよ!

 

 

残り物野菜をそろえよう

 

「今日は焼きそばにする。」と決めてあって、汁気も欲しいよね~っていつも、適当にみそ汁など作ってます。

この時点でズボラ加減がさく裂してますが、このたび出会った「アカモク」のそのネバリ加減は、私のズボラ加減に負けないくらいなネバリ加減(笑)←比べるところが違うか(;´Д`)

 

アカモクのネバリ加減を表現すると自然薯。

「海の自然薯」と言われているようです。

 

なるほど~(*´▽`*)

そのネバリは、汁に入れたらとろみに変わるよね、きっと!

 

そうだ、中華スープ的なものにしよう!と冷蔵庫の野菜をあさる私。

 

・白菜の端っこ

・塩抜きしてあるわかめ

・もめん豆腐

・溶き卵

・アカモク

・なんでも大活躍のウェイパー

 

すべて適量用意。

◇スポンサードリンク◇

[ad#co-1]

がんばれアカモクのネバリ!

 

水の量があまり多いとサラサラしちゃうので、アカモクの量で調整しましょ。

 

1 白菜をやわらかくゆでながら、もめん豆腐を投入。ウェイパーで味を調えます。

 

2 溶き卵を投入していい感じに白菜と絡めておきます。

 

3 アカモク投入。冷凍のままでOK!

 

4 火を止めて、アカモクを溶かしながらとろみをつけます。

 

5 わかめを入れます

 

 

アカモクの粘りをとろみに利用

 

片栗粉を用意するのが面倒で、思いついたアカモクの邪道的な利用方法(;´Д`)

そして、美容成分フコイダンたっぷり「白菜とたまごとわかめのスープ」

できあがり~

片栗粉を溶く手間と、その入れ物を洗う手間を省いた私は大満足。←これくらいの満足感で十分です(´-`*)

だがしかし、子どもたちはそれで満足しているか!!!

「スープおかわり~」

 

って言ってたからたぶん大丈夫でしょ(´-`*)

(さすが、ウェイパー!)

 

市販のスープに投入しても良さそうですね(*´ω`*)

 

それにしても

 

アカモクの何にこんなに取りつかれているか。

 

話題のアカモクが私のお家にやってきた~!でもお話ししましたが、その工程の細かさに感動したのですね~、まじめに。

ピンセットまで使ってバカ丁寧。

でもわかる!

私も食品会社に勤めたことがありますが、異物混入とかめっちゃ神経使うところだから、そこまでやるのはわかる!

でも、脱帽!!

そんな理由で取りつかれてます(笑)

 

 

いろんなことを「知らない」って、人生の半分はやっぱり損をしている感じがするのです。

 

何でもかんでも「知りたい」ってやってると、きっと疲れちゃうだろうけどね。

 

目の前に何かの情報を手に入れた!

 

その時に、その情報に興味をもったらまず「知ろう」と思っています、色めがねをかけずに、ね。

 

アカモクは、多くの人の、多くの手間によって、すぐ食べることができる形になって、私のウチにクール宅急便でやってきた。

 

ズボラだからわかる、手間のかかることへの感謝。

 

もう、アカモクに感謝~(*´▽`*)

スーパー海藻アカモクのすごい健康効果にも期待!!

 

購入は通販しかないと思ってます。

将来的には、私がこれから実現する親子カフェのメニューにできないかなぁと、

 

夢が大爆発中です(笑)

 

今のところはココで絶賛発売中。

↓↓↓↓↓↓↓↓

アカモク家フコイ団十郎商店

 

そして次はパスタに挑戦よ~( *´艸`)

以上

 - アカモク , ,