親子カフェがみんなを救う!「ピクニック365カフェ」がもうすぐ始まるから。

   

子育て中のお母さんに朗報!

孫育て中のおじいちゃん・おばあちゃんにも朗報!

 

親子カフェができます(*´▽`*)

 

「ピクニック365カフェ」

 

さて、どこでしょう。

あなたのお家の近くだといいんだけど・・・

 

勘のいいあなたは、もうおわかりですね( *´艸`)グフ

 

日本の平均値の王道をいく静岡県の静岡市!

人口流出に悩む静岡県静岡市!

だがしかし、東京以外で子育てしやすい街ナンバー1に選ばれた静岡県静岡市!

 

その中で、富士山の構成遺産として、世界文化遺産に逆転登録が叶った「三保松原」のある清水区三保半島!

 

 

半島です!

 

 

そんなニッチな場所にオープンします。

資金調達までに結構な時間がかかりました。

多くの高い壁がありましたが、諸先輩方の応援をいただき新しいことへのスタートをきることができました。

 

さて、今はどんな状況なのか、お話していきます。

では、スタート!

 

建築基準という新たな壁

 

スペースとして参考にしていた海外のコンテナカフェたち。

日本でもコンテナを利用したスペース作りをしているので、当然コンテナ屋さんはあります。

私がそのコンテナを利用したいと思っていたのは、1年前くらいからなんです。

 

たった1年の間で、需要が伸びたのでしょうか。

ここ最近からそのコンテナに加工をする場合は厳しい構造計算をしていかないといけないようです。

ちょっと前までは、グレーゾーンだったようです。

そういった流れでJIS規格もののコンテナがかなりの高額であるらしい。

どうやら規格外の3倍の値段らしい。

ちなみに、海外は自由度が高いようで、コンテナの活用めっちゃオサレです。

 

・・・ようです、らしい・・の嵐ですが、そこら辺のことは建築士さんにお任せするより外にないので「よろしく!」と言ってあります(;´∀`)

 

清水と言えば、清水港。

海上輸送用のコンテナが並ぶ清水興津ふ頭。

いっぱいあるある(*´▽`*)

 

でも売り物じゃないし(笑)

建築士さん!

がんばって探して!

 

◇スポンサードリンク◇

[ad#co-1]

 

コンテナの中で何をやる?

 

予算の関係で、規格モノを使うか、めんどくさいの覚悟で安いのを使うか、それによって何個のコンテナを使えるのか、これから練っていきます。

コンテナの個数決定後、「中に何を配備していくか」という話し合いが、5月いっぱいかかりそうです。(今日は4月25日)

 

私の譲れない条件はつぎの5つ

  1. ピクニック気分って言ったら絶対芝生。だから芝生をはる。
  2. コンテナ同士をつなげないで、離れみたいにして空間を分ける。
  3. 高さのあるボルダリング。
  4. 子どもが道路に飛び出さないために4面囲うけれど、道路側からちょびっと中が見えるようにする、ちょびっとだけ。
  5. 女性が停めやすい駐車スペース。

 

フリーランスの人や学生さんのお勉強スペースとしての箱も置きたかったんだけど、予算の関係で難しいかなぁ。

それは、のちのちやっていこう!

 

こんなところで、こんな風に展開する予定。(私の頭の中の絵です。)

曇りの日に撮った写真だから、ドンヨリしちゃってすみません(;´Д`)

Picnic365-cafeの今後の展開

 

コンテナの中には、キッチンとトイレと授乳スペースとカフェスペースと図書スペースとプレイスペースを作り込んでいきます。

 

コンテナの上にテラス席とかあっても、大人にはいいかもね。

 

地域に根っこをはりたいから、芝生張はみんなでやる!

 

たぶん、青々とした芝生になるには時間がかかるだろうけど、みんなで芝生を張りたいの。

芝生張のイベント。

自分が敷いた芝生が「ちゃんと育っているかしら?」って見にきてほしいの。

丁寧にお世話しますから。

 

このイベントは、コンテナの配置が決まってからやろうと思います。

 

縁日みたいに屋台とか出して。

ヨーヨーすくいとかさ。

金魚すくいとかさ。

焼き鳥やさんとかさ。

焼き豚やさんとかさ。

から揚げやさんとかさ。

 

そこら辺の知恵は、PTAのフリーマーケットの企画運営経験があるから、おもしろいことできると思うんだよね(´-`*)

もういちど、あのフリマの雰囲気を味わいたいPTAのつわもの達よ!

 

カムバックプリーズ( `―´)ノ ←めっちゃカタカナ(笑)

 

今は何してるかって?コンセプトを固めてます!

 

親子カフェ「ピクニック365カフェ+climbing」のクライミングが小さな規模になりそうなので、ネーミングから消されるかもね。

私のさじ加減だけど(;´∀`)

長いから、取っちゃうか・・・

 

「親子カフェ」というタイトルにも実は違和感があるのです。

友達によく聞かれる。

 

「親子じゃないとダメだよね?」

 

そう、言葉って難しい。

 

だからこれは、カッコ書きくらいなイメージにします。

 

子どもの笑い声や時には泣き声が響き渡る風景を、「癒される風景」と感じてくれる大人にぜひ来ていただきたい。

これ、すっごく大事なコンセプトです。

 

子どもの声が騒音だ!と感じる人が世の中にいるのは仕方がない。

たしかに集中したい時には耳栓したくなりましたが(-_-;)そんなもの、外されるし(;´Д`)

 

そういうことにも一応配慮したいと思い、すみ分けが可能なコンテナを利用するという方法を取りました。

お母さんたちにもこれ以上、他の大人に気を使ってほしくないのでコンテナを離す。

 

でも子どもたちの笑顔は風景画として、大人たちの気持ちにも作用するでしょうね、間違いなく。

 

それから、ピクニック365カフェと連動型コミュニティの準備中。

 

実店舗では「子育てをシェア」することを中心に展開していきますが、お母さんたちのフォローをWebからもしてあげたいと思っています。

 

子育てが楽しくなる秘訣は、私の経験から言うと、先輩ママからの助言を実践してみることかもしれない!

子どものことで「困った!」と思うのは、だいたいのお母さんたちが通ってきた道です。

子どもの個性もあるだろうけど、解決策を試して成功すると、自分が魔法使いにでもなったような気分になります。

それが、自信につながっていくことは間違いないのです。

 

そんな経験談や急な困りごとにすぐ対応できるコミュニティの骨組み作りを進めています。

 

6月頃から運営予定です。

こちらのコミュニティも、おもしろいことができそう。

 

また詳細が分かり次第ご報告しますね( *´艸`)

 - リノベーション, 子育て, 親子カフェ , , , , , , , , , ,