Webコミュニティの【ゆるピク】の所在地は、静岡?いえいえ世界1番地です(笑)

   

ラスタイルデザインのひとみです。

6月も半ば。

目標としてきたコミュニティ「ゆるりとピクニック365カフェを歩くスペシャルなコミュニティ」略して【ゆるピク】!が解禁となりました。

 

Webコミュニティの【ゆるピク】の所在地は、静岡?いえいえ世界1番地です(笑)

 

誰でしょうね、また変なこと言い出したのは(笑)

 

ま、でも、あながち間違ってなないですよね、Web上にありますから。

Webコミュニティの【ゆるピク】

アクセスは、どこからでも可能です。

とりあえず「世界1番地」は、そこを目指したい人がたどりつく場所だと思っています。

さてさて、私が思う【ゆるピク】のあり方に、共感していただいた方々から、お申し込みを少しずついただいております。

新しいメンバー候補の方には、「お顔合わせ」というちょっと面倒なルールに、お付き合いしていただいてます。

 

それは、お顔の見えないWebの世界を、末永く渡り切るための知恵だと思います。

 

ここで発言をするのは、ロボットではなく人間です。

大人だからお互いの少しくらいなら、自分勝手な発言にも、まぁそういう考えもあるか!って対応するんでしょうが。

 

相手の顔が見えないからこそ、そんな不要なストレスは不満の種にしかならず(-_-;)

 

安心して【ゆるピク】を満喫してもらうためには、私という関門を突破していただくより方法はありません。

 

それが利用してくれるメンバーのみなさんの平和につながるものと確信しています。

だからと言って、意地悪ばあさんみたいな質問攻めの「お顔合わせ」ではないのでご安心くださいませ。

 

2016年6月11日土曜日の午後、静岡市清水区内の某所にてのお顔合わせをしたのですが、とても素敵な活動をされているお母さん。

感動しながらすごした時間は、あっという間の1時間。

遊月(あそびつき)という、手作りおもちゃクリエイターさん。

彼女の活躍についてはコチラでご紹介しています。

 

「私も【ゆるピク】、気になってるけど、“お顔合わせ?”ちょっと不安なんだよね~(;´∀`)」

 

と思っているそこのあなた!

 

あなたに向けて、お顔合わせのことなど、お届けしていきますね( *´艸`)

 

では、スタート!

 

◇スポンサードリンク◇

[ad#co-1]

 

 

お顔合わせって何をするんですか?

 

お顔合わせは、The 雑談です(笑)

 

あら、簡単すぎ(;´∀`)

 

気を取り直して。。。

 

以下の6つのことについてお聞きしながら・・・の、雑談です(笑)

 

 

 1  コミュニティの入会の動機

 

受け身の「お客様」で居続けるコミュニティではなく、自らの発言もできる=自己実現可能なコミュニティだということをご理解いただきたくために伺います。

 

 

2  個人的な身の上話

 

ココが一番長~くなってしまうところですが、一番大切なお話を伺います。

何人お子さんを育てていても、子どもそれぞれ個性があるので、悩みはつきもの。

それが年齢によるものか、かかわり方で解決できることか・・・

私でアドバイスできることがあればその場でしたり、解決が難しかったら、コミュニティにそのお悩みスレッドを立ち上げて、いいアイデアがないか聞いてみることを提案します。

 

 

3  コミュニティに関しての質問を受け付けます

 

質問を受けながら、コミュニティ内に用意されているスレッドのご紹介などをします。

その多くは「子育ての困った!」を解決するスレッドで、メンバー同士でじゃんじゃん投稿しています。

その投稿に対して、「共感する~」とか「こんな方法もある~」とか、ある時間帯になるとものすごい勢いでスマホの通知音が鳴り続けます(笑)

ゆるりとピクニック365カフェを歩くスペシャルなコミュニティ【ゆるピク】なので、ゆる~りと反応していただいて大丈夫です、とお伝えします。

子どもや、やるべきことを放置させてしまっては本末転倒。

楽しみながら交流するための【ゆるピク】なので、「ゆるり」これが基本です。

ここ2、3日は、ピクニック365カフェの看板メニューやみんなを誘いやすいキャッチを考えてくれて、私一人の頭では考えつかなかったなぁ~って感動していました。

 

 

4  Facebookの使いこなし度について伺います

 

【ゆるピク】はFacebookの秘密のグループで運営しています。

閲覧専門だった人が、いざ投稿しようと頑張ってもあわわわしちゃうことが予想されるので、よくわからない方には実際のページを開いて説明します。

※【ゆるピク】内のスレッドに、Facebookの使い方を詳しく掲載してありますのでご安心ください。

ちなみに、私は地域の交流館で「Facebookの初心者向けの講座」の経験もありますので、いろいろ聞いてください。

 

 

5  コミュニティの心得の伝授!

 

なんていうと大げさですが、コミュニティの心得!それは・・・・

「ゆる~く、ゆる~くでいいんです。」

「ご自分のペースで無理なく、ゆるりとスレッドを回ってください。」

そういうことなんです。

 

あ、伝授しちゃったね(;´∀`)

 

 

6  私への最後通告をしていただきます

 

「管理人に伝えたいこと」を伺って、終了~(´-`*)~~オツカレー

この時点で「ご入会はどういたしますか?」とお尋ね。

ご入会の意思が確認できたところで毎月会費のお支払方法や、【ゆるピク】の設立目的や投稿の方法などを書いたプチパンフをお渡ししています。

 

どうでしょう(*´▽`*)

これでだいたい30分~1時間という枠でお顔合わせを行っていますが、1時間は、あっという間に過ぎちゃいます(笑)

 

 

 

こども食堂資金調達のための「毎月会費」制

 

ご入会の意思確認がとれたところで、お支払いのご案内をします。

毎月会費の1回目の入金の報告をいただいたのち、【ゆるピク】へご招待し、まずは自己紹介へ誘導します。

 

※毎月会費は1回目のご入金をしていただいた日が基準日となり、毎月お振込みいただくか、Paypalの自動支払いの選択をしていただいていますが、いちいち銀行やゆうちょに行くのはご面倒だと思いますので、Paypal決済のご利用をおすすめしています。

 

会費を、毎月継続してお願いするのには訳があります。

 

昨今話題となっている「こども食堂」の運営資金として確保したいと考えているからです。

 

ピクニック365カフェをやりたい!と思ったときの現実の壁は、資金調達だけでした。

 

なにかを実現したいと思っても、資金がないとできないことは重々承知しています。

 

こんなに大変だったのよ!っていうピクニック365カフェ実現までの道のりは、こちらにまとまってます。

 

普通に苦悩しながら母をやってきて、自分はこんなに大変だったと思っても、もっと大変な状況で子育てしているお母さん、もっと過酷な状況で育てられている子どもがいることを様々なメディアからの情報で得ています。

自分のことではない他人ごとな状況でも、母というのは「なんとかできないものか!」と、自分ごととして受け止めるふところの深さをもっています。

 

うんうん。。と激しく同意しているお顔が浮かびます。

 

そんな時どうしたらいいんだろう、この気持ち、どうおさめたらいいんだろう。

 

そういう時、私は、行動します。

 

自分から立ち上げていくのは、相当の気合と根性がいるので、みなさんの代わりに私が動いただけのことです。

 

もちろん私ひとりではできないことを私も知っています。

だから、悩みの解決や楽しいメンバー同士の交流の対価として、こども食堂の運営資金を選択しました。

みなさん、世の中に対して何かしないといけない!ということをわかって、協力していただいています。

 

「土台のない」ゼロから、「何かを作り上げる」イチにすることには、きっとトライ&エラーの連続だと思います。

それもご理解いただいて、共々に・・という姿勢で、毎月会費制を承諾していただいていることに大変感謝しています。

 

 

ピクニック365カフェの考える「こども食堂」とは

 

差別化が目的ではありません。

どちらかというと、私と子どもたちは多くの支援を受けてきたので、その支援のお礼を地域に返したい!と偉そうな言い方で恐縮ですが、そう思っています。

ピクニック365カフェのコンセプトのひとつに、お家のリビングの延長上にある空間ということもあります。

大家族で子どもにかかわっていた時代がちょっと前までは確実にあったのです。

 

大人数で食卓を囲む楽しさを、大人もこどもも体感できたらいいなぁ・・というのが、ピクニック365カフェのこども食堂です。

まちがいなく運営するために、ご理解とご協力をお願いしています。

 

 

 

あなたにおすすめする【ゆるピク】

 

お顔合わせ日程の申し込みメールをいただくと、毎回添えていただいているメッセージに心打たれます。

 

「協力させてください。」

「お役にたてたら嬉しいです。」

「子育て中なので興味があるんです。」

 

こういうメッセージを添えてくれる方とのお顔合わせが、有意義でないはずがない!!

 

もう私は全力でこの方たちのお役に立ちたい!と誓願です。

 

熱いばかりですみません。

 

 

 

「苦労をしてきた人が一番幸せにならなくてはいけない・・」

 

と私の人生の師匠は言いました。

 

自分優先の生活から、願ったとはいえ、子ども優先の生活をどう越えていくか、大いに悩みぬくお母さんの使命。

使命だから苦労と思わず、気のせいだと言って笑いとばすお母さん。

そんな苦労を重ねたお母さんが、羽を休めてまた飛びだせるようなコミュニティだと思います。

 

ぜひ一緒にお話し、しましょ(´-`*)

 

そして、お顔合わせは、Skypeでもできますから、静岡に限らず(笑)

 

世界中に開かれているWebコミュニティ【ゆるピク】

所在地は、「世界1番地!!」

 

それ、どこですのぉ(笑)

 

あなたの心の中が、世界1番地!!

 

Webってすごいなぁ(*´▽`*)

 

お顔合わせのお問合せ、お待ちしていますね(´-`*)

人数に限りがありますので、お早めにお顔合わせ日程の申し込みをしてくださいね。

ゆるピクはコチラ

 

 

 

 - ゆるピクコミュニティ, 親子カフェ , , , , ,